Doyusha Digital

素心凡語

病床にあって、広い視野からお道のことを真剣に考え続けた晩年。さながら青年のようなその情熱は、教内外の多くの人を惹きつけた。道友社、天理時報社、養徳社と、戦前・戦後の本教出版事業の最前線に立ち、自ら筆を執って文書布教に尽力した著者が、30年以上にわたり書きつづった信心の記録の精髄。文庫でよみがえる求道随想の名著! 文庫判/260ページ。

紙の本の価格:¥627(税込)
紙の書籍を買う

月額定額で電子版が読み放題!詳細はこちら

【著者プロフィール】

岡島藤人

本名、岡島善次(ぜんじ)。明治27年(1894年)、大阪生まれ。大正8年(1919年)、東洋大学第一科(倫理教育学)を卒業後、約2カ年福岡で単独布教。その後、天理中学教諭、天理教校講師などを歴任。昭和12年(1937年)、道友社編集主任の後、同社長。15年、天理時報社発足と同時に社長(33年まで)に就任し、養徳社社長(20年から23年までと、26年から36年まで)、よろづ相談所所長(23年から35年まで)などを兼任。19年、本部准員。36年4月9日、66歳で出直し。著書に『阿呆礼讃』『求道遍歴』『求道一路』『風の声』などがある。

  • 序 礒田義三郎
  • 信仰について
    • 信心と生活
    • 信ずるものの強さ
    • 信心の一夏一冬
    • 内に求めよ
    • 喜び常にあり
    • 感謝の心
    • 人格のにおい
    • 稔るほど頭を垂れる稲穂かな
    • 素心
    • 二つの拝み方
    • 心の掃除
    • まず我が身を修めよ
    • よろいを脱ぐ
    • 人事の限りを尽くして
    • 棚の上のぼた餅
    • 親の心に生きる
    • 宗教を売るもの
    • 生活者
  • 教育について
    • 己を完成するもの
    • きりなし普請
    • 人を観る眼
    • 盆栽式教育
    • 真の教育者
    • 生地を磨く
    • 咀嚼と栄養
    • 聴く耳
    • 真実を捧げる
    • 心の眼を開く
    • 第一義
  • 自然について
    • 自然に思う
    • 深山の花
    • 自然の恵み
    • お山へ参る
    • 蚊帳の喜び
    • ふるさと
    • 真の味
  • 愛について
    • 心に咲く花
    • 人は情けの下に住む
    • 愛の絆
    • 行の愛と祈りの愛
    • 待つ心、待たるる心
    • 捧げたきもの
    • 愛なかりせば
  • 生活について
    • 問題を解く鍵
    • 蓋ある水に月は宿らじ
    • 内を浄めよ
    • こんな自分になりたい
    • 矩を踰えず
    • 苦難を喜悦に
    • 非難を有り難く受ける心
    • 不平は禁物
    • 我が道を往く
    • 己より出でて己に帰る
    • 根なし草
    • 成ってくる理
    • 大火も一本のマッチから
    • 心一つ
    • まこと
    • 生きる妙味
    • 安心立命
    • 生きている間に
    • 淡々と水のように
    • 素直に
    • 生活を調えよ
    • 信ずる一念
    • 「ありがとう」「ごめんなさい」
    • ひとりよがり
    • 私は死ねませぬ
    • ありのままを
    • 思うて通えば
    • 極楽浄土
    • 一枚の名刺の力
    • 売れない丸帯
    • 貪欲は損のもと
    • 陰の言葉
    • 内を磨く
    • 魂にふれるもの
    • 空虚な能弁家
    • 真実には飽きが来ぬ
    • 裸の礼節
    • もったいなさを知る心
    • 無限の恵み
    • 人間一茶を想う
  • 病床雑記
    • ようぼく
    • 療養の生活
    • 見舞いの言葉
    • 安静
    • 愛と智
    • 陽気づくめ
    • 問題は「人」に
    • この一点
    • 師なきは信なきなり
    • 一名一人限り
    • 本末の転倒は怖い
    • 忘れやすい
    • 明日の天気如何
    • 神の懐住まい
  • あとがき
  • 小伝に代えて
  • 復刊に寄せて 岡島秀男

同じジャンルの書籍

真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集 【ひながた編】
道友社編
2023.05.01
ひながたを目標に、たすけ一条に邁進した先人・先輩の教話
成人の歩みを進める手がかりがここに
『真実の道―おたすけ編―』、『信仰編』に続く第三弾
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集【信仰編】
道友社編
2022.05.01
天の理に沿う生き方を一途に求めた
先人・先輩の叡智がここに
神一条の信仰信念を強く持ち、天の理に沿う生き方を一途に求め続け、道を啓いていった先人・先輩方の教話集。
時代を超えて教祖の道を歩まんとするよふぼくお互いのよき道標に!

道友社編/四六判/192ページ
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集【おたすけ編】
道友社編
2022.02.01
ひながたを一途に歩んだ先人・先輩がかち得た心の宝
道のおたすけの真髄がここに
教祖のお姿なき時代に、存命の理を信じきって教えを固く守り、道を啓いていった先人・先輩の教話集。「おたすけ」をテーマにした16編を収載。
「ひながたを通る」とは、どんなことなのか。いまを生きる私たちに、その意味を投げかける。

道友社編/四六判/224ページ
おやさまの情景
道友社編
2021.02.01
絵と文で味わう〝逸話のこころ〟
『稿本天理教教祖伝逸話篇』を4コマ絵本で身近に!

温かい親心で人々を慈しみ、優しく導かれた教祖のお姿を彷彿させる、200篇の逸話が収められた『稿本天理教教祖伝逸話篇』。そのなかから12篇のお話を、4コマの絵と文で紹介。各話に解説付き。
おやさまと先人・下
天理教少年会本部
2020.04.26
子供の心に教祖の面影を映す先人物語。
『リトルマガジン』で連載していた「おやさまと先人」の第13回から第24回までを収録した下巻。
おやさまと先人・上
天理教少年会本部
2019.09.24
子供の心に教祖の面影を映す先人物語。
『リトルマガジン』で連載していた「おやさまと先人」の第12回までを収録した上巻。
たすけ一条に生きる
天理教青年会本部
2017.10.27
平成18年より『あらきとうりよう』で好評連載中のインタビュー記事「たすけ一条に生きる」の中から12篇を抜粋。本書では、道の先輩先生方がたすけ一条に歩まれた道すがらが語られており、その一言ひとことは心に深く突き刺さる。布教意欲を養い、一歩を踏みだす勇気をもたらす一冊。
朝の信仰読本 こころ澄ます教話集
中山慶純
2017.10.01
“天に届く”通り方とは――
「教祖に『そうそう』とうなずいていただけるように」
身近な出来事を題材に、日々の心づかいや教えのかどめを、優しく、時に厳しく教え諭した、心に染みわたる65篇の教話集。
信仰の炎 大正・昭和を生きた28人の先人の証言
道友社編
2016.10.26
時代を超え、道の子を鼓舞してやまない先人たちの言葉
教祖のひながたを胸に、道なき道を切り拓いた先人先輩たち。信仰の熱い息吹がこもる教話・教説28篇を収載。
昭和62年に刊行された同名単行本の文庫化。旧字・旧仮名遣いを新字・現代仮名遣いに改定、読みやすくなって再登場。
人生の節 人生の旬
道友社編
2015.11.01
この教えに出会えたからこそ、
身上も事情も華となる。

人生のどん底で救われた喜び、おたすけの道中の体験談、自らの信仰の元一日――。
道のようぼくが、教祖百三十年祭への決意を込めて、それぞれの”いま”を綴る手記52編。
教祖百三十年祭記念出版として、『天理時報』紙上等で公募した、
親神様・教祖をお慕いし、身上や事情のなかに親心を求め続ける教友たちの信仰体験手記集。
陽気ぐらしへの扉 真のたすかり祈って
道友社編
2010.03.01
「身上部」「事情部」「世話部」の三部を設け、医学、信仰、生活の三つの面から病む人の救済に当たる天理よろづ相談所病院「憩の家」。
天理教の信仰に基づいて心身の苦悩の解決を目指す事情部講師の日々のおたすけをつづった「おたすけ日誌」と、同講師による幸せに暮らすためのヒントとなる教話「しあわせの心」、各20編。
家族円満ヒント集
道友社編
1999.04.01
本書は、これらの問題の根底にある家庭を治めるための心得を、お道(天理教)の教えに則して語るものです。具体的には、「夫婦」「親子」「嫁姑」の3つをテーマに、教内の第一線で活躍中の28人に、それぞれの「治まりの秘けつ」や「エピソード」をつづっていただいています。
続本部員教話抄 天理教教理のエッセンス
道友社編
1997.03.01
常に道の先頭を歩き続けた先人たちの珠玉の教話短編集。
道友社編
四六判並製
本部員教話抄 明治・大正期34人の90編
道友社編
1995.05.01
教祖直々の教えを受けた先人たちの、素朴にして力あふれる教話短編集。
道友社編
四六判並製
柏木庫治教話集 第4巻(よふきぐらし)
柏木庫治
1994.12.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
柏木庫治教話集 第3巻(心一つ)
柏木庫治
1994.11.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。

あなたにオススメの書籍

家族を紡いで
白熊繁一
2014.07.01
不思議な縁に結ばれて、わが家に迎えられた子どもたち。
一人ひとりを見つめ、思いっきり抱きしめて過ごす日々。
さりげない日常の、ありふれた場面に散りばめられた、
ある里親夫婦と子どもたちとの「家族を紡ぐ」詩文集。
劇画 教祖物語 愛読新装版
服部武四郎 中城健雄
2008.01.26
品格のある絵、平易な言葉づかい。教祖90年の道すがらを、史実にもとづき、ビジュアルに描いた劇画『教祖物語』。同物語は立教150(1987)年4月に第1巻が刊行され、3年後の1990年8月の第5巻をもって、完結しました。大人にも子どもにも親しまれて20年、その全5巻のうち、教祖ご在世時代を描いた3巻までを1冊として刊行したのが、この本です。
柏木庫治教話集 第4巻(よふきぐらし)
柏木庫治
1994.12.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
柏木庫治教話集 第3巻(心一つ)
柏木庫治
1994.11.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
柏木庫治教話集 第2巻(むこうばい力)
柏木庫治
1994.08.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
柏木庫治教話集 第1巻(天の理・地の理)
柏木庫治
1994.06.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
おやさまと先人・下
天理教少年会本部
2020.04.26
子供の心に教祖の面影を映す先人物語。
『リトルマガジン』で連載していた「おやさまと先人」の第13回から第24回までを収録した下巻。
おやさまと先人・上
天理教少年会本部
2019.09.24
子供の心に教祖の面影を映す先人物語。
『リトルマガジン』で連載していた「おやさまと先人」の第12回までを収録した上巻。
清水与之助伝考
高野友治
1983.06.01
先人素描
高野友治
1979.04.01
教祖のご苦労とともに歩んだ、先人たちの一人ひとりのエピソード。
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集 【ひながた編】
道友社編
2023.05.01
ひながたを目標に、たすけ一条に邁進した先人・先輩の教話
成人の歩みを進める手がかりがここに
『真実の道―おたすけ編―』、『信仰編』に続く第三弾
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集【信仰編】
道友社編
2022.05.01
天の理に沿う生き方を一途に求めた
先人・先輩の叡智がここに
神一条の信仰信念を強く持ち、天の理に沿う生き方を一途に求め続け、道を啓いていった先人・先輩方の教話集。
時代を超えて教祖の道を歩まんとするよふぼくお互いのよき道標に!

道友社編/四六判/192ページ
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集【おたすけ編】
道友社編
2022.02.01
ひながたを一途に歩んだ先人・先輩がかち得た心の宝
道のおたすけの真髄がここに
教祖のお姿なき時代に、存命の理を信じきって教えを固く守り、道を啓いていった先人・先輩の教話集。「おたすけ」をテーマにした16編を収載。
「ひながたを通る」とは、どんなことなのか。いまを生きる私たちに、その意味を投げかける。

道友社編/四六判/224ページ
続 おやさまの情景
道友社編
2023.02.01
『稿本天理教教祖伝逸話篇』のお話を、4コマの絵と文で紹介する第2弾。『人間いきいき通信』の不定期連載に、描き下ろしの2篇を加えた12篇を収載。各話に解説付き。
おやさまの情景
道友社編
2021.02.01
絵と文で味わう〝逸話のこころ〟
『稿本天理教教祖伝逸話篇』を4コマ絵本で身近に!

温かい親心で人々を慈しみ、優しく導かれた教祖のお姿を彷彿させる、200篇の逸話が収められた『稿本天理教教祖伝逸話篇』。そのなかから12篇のお話を、4コマの絵と文で紹介。各話に解説付き。
〝逸話のこころ〟たずねて 現代に生きる教祖のおしえ
道友社編
2013.10.01
教祖のお言葉を先人たちはいかに受け取り、いかに歩んだのか。
『稿本天理教教祖伝逸話篇』に登場する先人の子孫が読み解く、“逸話のこころ”。信仰者の日々の生活に生かす確かな道が、ここにある。
教祖のお姿を彷彿させる『稿本天理教教祖伝逸話篇』。教祖と先人たちのやりとりをあらためて読み深め、味わい返して、信仰生活に生かす手がかりを探る。『天理時報』の同名連載(平成20~24年)、待望の書籍化。
御存命の頃
高野友治
2001.01.05
本書は、天理教伝道史研究の第一人者であった著者の処女作であり、その後も書き継がれてきた代表作。昭和46(1971)年の改修版の一部を改め、全一冊として復刊しました。
はじめてシリーズ1 おやさと案内
道友社編
1994.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ2 別席を運ぶ人のために
道友社編
1994.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ3 天理教がわかる本
道友社編
1995.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ4 をびや許し
道友社編
1995.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ5 おやさま
道友社編
1995.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 6 おさづけの理
道友社編
1995.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 7 おつとめ
道友社編
1995.11.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 8 天理教の教会
道友社編
1995.11.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ9 天理教用語の基礎知識
道友社編
1996.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。

ジャンルから書籍を探す