Doyusha Digital

天理教とは・下巻

「天理教とは何か」など、布教していく上で大切な点を、教典に依拠し、答えを明らかにする。
昭和四十年のはじめから「天理教とは」と題して、天理時報紙上に発表した文章の後半をまとめたのが下巻である。
下巻は、天理教教典第六章から第十章までの後編に依拠して論述をすすめた。

紙の本の価格:¥908(税込)
紙の書籍を買う

月額定額で電子版が読み放題!詳細はこちら

【著者プロフィール】

西山輝夫 (にしやま てるお)

大正15年(1926)兵庫県生まれ。京都大学文学部哲学科卒。道友社編集委員、美昭分教会役員などを歴任。平成5年5月7日出直し。主な著書に『ひながたを身近に』(道友社)『天理教入門』『神さまの話』『見て共に楽しむ』『増野鼓雪の信仰と思想』(以上、善本社)など。

  • 序文
  • 第八章 親神と人間の交わり
    • 目に見えぬ神
    • 人間の自然的状態
    • 身上・事情は神のてびき
    • 信仰と学者・金持ち
    • 不思議の現われ
    • 不思議の起こる条件
    • 皆救かるのか
    • てびきとていれ
    • 人間とは何ぞや
  • 第九章 かしもの・かりものの理
    • この世は神の身体
    • 生命の起源と作用
    • 個性をきめるもの
    • 使用するが所有できない
    • 心一つが我が理
    • 自由から自由自在へ
    • 自由になるのは心だけ
    • 心を澄ます方法
    • この世の最適者に
  • 第十章 生と死について
    • 死の原因の考察
    • 寿命と定命の問題
    • 生と死の循環
    • 極楽はどこにあるか
    • 生まれ替わりの姿
    • 魂の存在と不滅
    • 生と死の理想
    • 自殺・他殺その他
  • 第十一章 天理教のものの見方・考え方
    • 男は柱石、女は台
    • 前生のいんねんで夫婦に
    • 嫁は生まれた家に帰る
    • 十五才までは親の心通り
    • 親が子となり子が親となる
    • 衣食住について
    • 金銭はつなぎ・種
    • 豊作と生産の向上
    • 二つの所有観
    • 貧乏と富について
    • “貧に落ち切る”こと
    • 真に人間を生かす道
  • 第十二章 信仰の歩みと要諦
    • 信仰による変化
    • 社会づくりの夢
    • 一切を消化する心
    • 心の価値ではかる
    • 切る理・つなぐ理
    • 悲しみから喜びへ
    • 前生いんねんのさんげ
    • 喜びの発見と表現
    • 奉仕とひのきしん
    • 神の前には欲はない
    • 喜びの種をまく
    • 心の入れ替えと誠真実
    • 心の入れ替えの結果
    • 社会の中で心を澄ます
    • 真実に天のあたえ
    • 成人途上の疑問
  • 第十三章 よふぼくの誕生と教会
    • 陽気ぐらしの用材
    • 親神のよふぼく
    • よふぼくと自由意志
    • 成長のための試練
    • 知ることと行なうこと
    • 別席とさづけの理
    • さづけと医者・薬
    • 倫理的価値の源泉
    • よふぼくの条件
    • 信仰集団の発生
    • 教会設置の条件
    • 教会本部の設置
    • 教会存立の条件
    • 世界の道と神の道
  • 第十四章 陽気ぐらしの世界
    • 神人和楽の境地
    • 主観と客観の問題
    • あの世とこの世
    • 善と幸福の一致
    • 皆と共に楽しむ
    • 一つの心になる
    • 最終的なビジョン
    • 完全平等は実現するか
    • 先まわりの守護
    • 新しい歴史の段階
    • よふぼくの果たす役割
    • 現段階の陽気ぐらし
    • 一夜の間にも守護

この書籍と関連がありそうな書籍

ひながたを身近に 天理教教祖伝によせて
西山輝夫
2019.11.01
「わが心の教祖」はここに
教祖のひながたは遠くにあるものでも、特別な人のためにあるものでもなく、この道を歩むわれわれのためにお見せくださった信仰生活の定規である。
教祖の道すがらをたずね、天理教信仰のさまざまな角目を、現代の問題としてとらえてゆく。
天理教とは・上巻
西山輝夫
1966.10.25
「天理教とは何か」など、布教していく上で大切な点を、教典に依拠し、答えを明らかにする。

同じジャンルの書籍

天理教の考え方・暮らし方
2015.10.01
たすけ合って陽気に暮らすためにこれだけは知っておきたい心得!
基本教理100のアプローチ
教祖伝参考手帳
道友社編
2006.05.01
『稿本天理教教祖伝』が公刊されて50年――。本書は教祖百二十年祭を記念して、『教祖伝』をより身近に感じ、ひながたに親しむ一助にと出版されました。
 教祖伝の記述の中で、現代の人々には理解しにくい事項に簡単な説明を施し、多くの写真・図版などを使ってビジュアルに解説した「参考手帳」です。
お道の常識
佐藤浩司
2004.07.01
教祖と先人の逸話、原典をもとに、価値観の多様化した現代社会でお道の人らしく生きるための教えのかどめ79編!
はじめてシリーズ9 天理教用語の基礎知識
道友社編
1996.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 8 天理教の教会
道友社編
1995.11.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 6 おさづけの理
道友社編
1995.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ5 おやさま
道友社編
1995.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ4 をびや許し
道友社編
1995.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ3 天理教がわかる本
道友社編
1995.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ2 別席を運ぶ人のために
道友社編
1994.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ1 おやさと案内
道友社編
1994.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
信仰問答集
天理教青年会本部
1990.09.01
本教教義上の角目を質問形式で取り上げ、それに対して分かりやすく解説を行う。
天理教教理入門
道友社編
1978.06.10
天理教教理入門シリーズ(全九冊)を合本形式にし、一冊にまとめました。
天理教とは・上巻
西山輝夫
1966.10.25
「天理教とは何か」など、布教していく上で大切な点を、教典に依拠し、答えを明らかにする。

あなたにオススメの書籍

天理教の人生観
矢持辰三
2000.10.26
親子・夫婦・生と死などの倫理の問題を教理に基づいて考察したもので、昭和42(1967)年に刊行されたものに新たな書き下ろし原稿2編を加え、平成12(2000)年、33年ぶりに増補出版されました。
稿本天理教教祖伝入門十講
矢持辰三
1984.06.01
三十年来、ぢば一筋に教義の研鑽と後進の指導にあたるかたわら、教会を設立した著者が、布教師の目で教祖ひながたを見つめ、『稿本天理教教祖伝』を各章ごとに詳細に解説。自らの生き方のなかにひながたをとらえた初の教祖伝入門の書!
こころを聴く 寄り添うカウンセリング
2020.03.01
「心理相談」の草分けが語る子育てと若者育成の心得
心理臨床の重要手法「箱庭療法」を日本で初めて導入したことで知られる天理大学は、「教育相談室」を1955年に設置し、地域に根差した心理相談に率先して取り組んできた。その草分けとして、長年、相談者に寄り添い続けてきた著者がつづる「カウンセリングの心得」。
家族を紡いで
白熊繁一
2014.07.01
不思議な縁に結ばれて、わが家に迎えられた子どもたち。
一人ひとりを見つめ、思いっきり抱きしめて過ごす日々。
さりげない日常の、ありふれた場面に散りばめられた、
ある里親夫婦と子どもたちとの「家族を紡ぐ」詩文集。
劇画 教祖物語 愛読新装版
服部武四郎 中城健雄
2008.01.26
品格のある絵、平易な言葉づかい。教祖90年の道すがらを、史実にもとづき、ビジュアルに描いた劇画『教祖物語』。同物語は立教150(1987)年4月に第1巻が刊行され、3年後の1990年8月の第5巻をもって、完結しました。大人にも子どもにも親しまれて20年、その全5巻のうち、教祖ご在世時代を描いた3巻までを1冊として刊行したのが、この本です。
柏木庫治教話集 第4巻(よふきぐらし)
柏木庫治
1994.12.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
柏木庫治教話集 第3巻(心一つ)
柏木庫治
1994.11.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
柏木庫治教話集 第2巻(むこうばい力)
柏木庫治
1994.08.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
柏木庫治教話集 第1巻(天の理・地の理)
柏木庫治
1994.06.26
大正末期、実業家から単独布教師へ。以来、生涯を神一条に歩んだ著者。絶版だった教話集を読者の要望にこたえ全面改訂して再出版。
おやさまと先人・下
天理教少年会本部
2020.04.26
子供の心に教祖の面影を映す先人物語。
『リトルマガジン』で連載していた「おやさまと先人」の第13回から第24回までを収録した下巻。
おやさまと先人・上
天理教少年会本部
2019.09.24
子供の心に教祖の面影を映す先人物語。
『リトルマガジン』で連載していた「おやさまと先人」の第12回までを収録した上巻。
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集 【ひながた編】
道友社編
2023.05.01
ひながたを目標に、たすけ一条に邁進した先人・先輩の教話
成人の歩みを進める手がかりがここに
『真実の道―おたすけ編―』、『信仰編』に続く第三弾
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集【信仰編】
道友社編
2022.05.01
天の理に沿う生き方を一途に求めた
先人・先輩の叡智がここに
神一条の信仰信念を強く持ち、天の理に沿う生き方を一途に求め続け、道を啓いていった先人・先輩方の教話集。
時代を超えて教祖の道を歩まんとするよふぼくお互いのよき道標に!

道友社編/四六判/192ページ
真実の道 道を啓いた先人・先輩の教話集【おたすけ編】
道友社編
2022.02.01
ひながたを一途に歩んだ先人・先輩がかち得た心の宝
道のおたすけの真髄がここに
教祖のお姿なき時代に、存命の理を信じきって教えを固く守り、道を啓いていった先人・先輩の教話集。「おたすけ」をテーマにした16編を収載。
「ひながたを通る」とは、どんなことなのか。いまを生きる私たちに、その意味を投げかける。

道友社編/四六判/224ページ
続 おやさまの情景
道友社編
2023.02.01
『稿本天理教教祖伝逸話篇』のお話を、4コマの絵と文で紹介する第2弾。『人間いきいき通信』の不定期連載に、描き下ろしの2篇を加えた12篇を収載。各話に解説付き。
おやさまの情景
道友社編
2021.02.01
絵と文で味わう〝逸話のこころ〟
『稿本天理教教祖伝逸話篇』を4コマ絵本で身近に!

温かい親心で人々を慈しみ、優しく導かれた教祖のお姿を彷彿させる、200篇の逸話が収められた『稿本天理教教祖伝逸話篇』。そのなかから12篇のお話を、4コマの絵と文で紹介。各話に解説付き。
〝逸話のこころ〟たずねて 現代に生きる教祖のおしえ
道友社編
2013.10.01
教祖のお言葉を先人たちはいかに受け取り、いかに歩んだのか。
『稿本天理教教祖伝逸話篇』に登場する先人の子孫が読み解く、“逸話のこころ”。信仰者の日々の生活に生かす確かな道が、ここにある。
教祖のお姿を彷彿させる『稿本天理教教祖伝逸話篇』。教祖と先人たちのやりとりをあらためて読み深め、味わい返して、信仰生活に生かす手がかりを探る。『天理時報』の同名連載(平成20~24年)、待望の書籍化。
御存命の頃
高野友治
2001.01.05
本書は、天理教伝道史研究の第一人者であった著者の処女作であり、その後も書き継がれてきた代表作。昭和46(1971)年の改修版の一部を改め、全一冊として復刊しました。
はじめてシリーズ1 おやさと案内
道友社編
1994.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ2 別席を運ぶ人のために
道友社編
1994.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ3 天理教がわかる本
道友社編
1995.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ4 をびや許し
道友社編
1995.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ5 おやさま
道友社編
1995.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 6 おさづけの理
道友社編
1995.08.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 7 おつとめ
道友社編
1995.11.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ 8 天理教の教会
道友社編
1995.11.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。
はじめてシリーズ9 天理教用語の基礎知識
道友社編
1996.05.26
初めての人もこれで安心。便利でコンパクトな入門シリーズ。

ジャンルから書籍を探す